カテゴリ:作家作品( 56 )

またブログのお客様が・・・^^

c0040488_15235442.jpg

今日は庭の鉄線(クレマチス)を切ってきたのですが、この時間でもう うなだれてしまいました。
あわてて水切りをしたけれど、元気になってくれるでしょうか。

さっき、またブログのお客様がいらっしゃいました。^^
豊田恭子さんでhitして見ていただいたようです。
あらためて、ブログってすごいです!
[ブログを見たと言っていただけると とっても嬉しいので、何かプレゼントさせていただきますね]

豊田さんの器がお似合いの感じの またまた素敵な方(またかよ、って言われそうですが)でした。
azumiには素敵な方が集まってくるようですよ。^^
でも、せっかく訪ねてきていただいたのに、住所を書いてもらうのを忘れてしまいました。

また遊びにいらして下さいね。
次回、(お知らせを差し上げるための)住所を書いていただけたら嬉しいです。
私のお気に入りの豊田恭子さんの器のお買い上げありがとうございました。
[PR]
by craftshop-i | 2006-05-14 15:45 | 作家作品

どんぐりのはんこ

c0040488_21431055.jpg

かわいいでしょう。^^
「どんぐりのはんこ」なんですよ。

オーダーで“azumi”と彫ってもらいました。その隣は朱肉。
もう一つは、中にシャチハタが入っています。
長野県木曽の長谷川(家具作家)さんに作ってもらいました。

普通の大きな家具も作られるのですが、お客様の喜ぶ顔が嬉しくて、このようなかわいい小さなものも作っているそうです。
azumiで取り扱いますよ。
[PR]
by craftshop-i | 2006-05-13 21:51 | 作家作品

昨日は素敵な一日でした

c0040488_17221728.jpg

真ん中の大きなテーブルに 豊田恭子さんの作品を並べてみました。

昨日は吉祥寺東急 信州クラフト家具展にpe-yuriちゃんと行ってきました。
何を着て行こうかと長い時間タンスの前でゴソゴソしていたら、夫が「何してんだあ〜」
私「OOちゃんのお母さんに見られないように、若く見られそうな服さがしてるの〜」
夫「ハッハッハ」(昨日の記事を読んで下さった方はわかりますね^^;)

服の問題ではないような気もするけれど、私の持ってる中でなるべく明るい色の服をやっと探し出しました。
考えてみると、持っているのはくすんだ色ばっかりです。

そして吉祥寺で、私が吉おばちゃんと呼ばせていただいている方と始めてお会いしたのです。
始めてなのに、ブログを通じていろんなことがわかっているので、とっても楽しい時間を過ごすことができました。
こんな出会いを作ってくれるブログに感謝です。

そして、立ち飲み屋さんで美味しい料理と生ビール一杯飲んで帰ってきました。
幸せ幸せ。^^
[PR]
by craftshop-i | 2006-05-02 17:45 | 作家作品

幸せな気持ちで作られる木の小物たち 2

c0040488_12444241.jpg

長野県の家具工房一木(イチモク) 片山浩二さんの木の小物たちが届きました。
上はカッティングボード 着色しているわけではなく、木そのものの色なんだそうです。

c0040488_1246591.jpg


和の花いけ 黒い木の部分も自然の色ですって。
花器が銅なので、お花が持ちますよね。花器に10円玉を入れるとお水が腐らないって言いますものね。
写真はまだですが、ランチョンボードとお盆とテーブルに置く一輪挿しもあります。
お若い作家さんなので、作品も若々しく軽快な感じがします。
[PR]
by craftshop-i | 2006-04-23 13:03 | 作家作品

幸せな気持ちで作られる木の小物たち

c0040488_1218615.jpg

長野県の泉家具工房 谷口泉さんの木の小物たち、
細長いのは靴べら、右下は楊枝入れです。
八ヶ岳クラフトフェアの時に連れて帰ってきました。
一つ一つ手仕事で作られます。優しい笑顔の作家さんです。

谷口さんの作品制作についてのコメント
    「木を削っていると、それだけで幸せな気持ちになります。
     削ることに集中して、形に集中して、削れてくる木くずに集中して
     幸せな気持ちになります」     (信州木工会の冊子より)

こういう思いで作られた小物たちを手にすると、幸せな気持ちが伝わってくるようです。^^ 

4/27〜5/3 吉祥寺東急8Fで信州木工会の展示会が行われるそうです。
お近くのみなさん、ぜひ足を運んでみて下さい。作家さんにも会うことができますよ。
[PR]
by craftshop-i | 2006-04-19 12:30 | 作家作品

備前焼

c0040488_20122972.jpg

八ヶ岳クラフトフェアの時に仕入れてきた備前焼です。
この時はこれだけだったのですが、そろそろ開店ということで連絡してみました。
すると、今製作中で、窯出しは6月頃になるのだそうです。

何かリクエストがあればこれから作りますよ、とのこと。
何をリクエストしようか今考え中です。
私と同じくらいの年代で、素朴な優しそうな感じの作家さんです。

備前焼は高価なものが多いのですが、この作家さんの作品は手の届く価格です。
フリーカップが1000円でその右の中鉢が2200円なんですよ。
でもしっかりとした作りで、火襷(ひだすき)がいい感じです。
備前焼は、水に濡らしてから使うと趣が出て、普通のお料理が料亭のお料理に早変わりです。

みなさん、備前焼だったらどんなものが欲しいですか?
参考までにお聞かせいただければありがたいです。
今のところ考えているのは、コーヒーサーバーと片口(向付け)と大きめのお皿なのですが。
水を入れておくとまろやかな味になるので、コーヒーが美味しくできるそうですよ。
[PR]
by craftshop-i | 2006-04-17 20:37 | 作家作品

この壷って・・・

c0040488_20361533.jpg

この花器 あるところに、さり気なく置かれていました。
美術館で見た人間国宝松井康成の嘯裂壷に似ているような気がするのですが、もしそうなら こんなに普通にさりげなく置かれてませんよね。
[PR]
by craftshop-i | 2006-04-10 20:45 | 作家作品

豊田さんの器

c0040488_19511731.jpg

豊田恭子さんの器を一部、棚に並べてみました。
濃い色の棚に白い器は映えますね。
形がそれぞれ美しくて、並べて見ていたらなんだか嬉しくなってきました。

豊田さんの器は見た目も美しいけれど、手に持つとしっくりとなじんで、口当たりも良いんですよ。
毎日ニコニコしながら愛用してます。

使うたびにニコニコできるような器をお客様に提供することが今の目標です。
しかもそんなに高くないものを。
そういう器を揃えたいと思っています。
そのためには器をたくさん見て勉強しなくてはいけませんね。
[PR]
by craftshop-i | 2006-04-06 20:14 | 作家作品

高野さんの器

c0040488_20355523.jpg

今日は陶芸生活日記の高野さんの器を並べてみました。
[PR]
by craftshop-i | 2006-03-20 20:37 | 作家作品

和紙に漆を塗ったランチョンマット

c0040488_20571187.jpg

和紙に画家の方が絵を描いて漆を塗った ランチョンマットとコースターです。
漆を塗ってあるので、汚れたら濡れ布巾で拭けるし、中性洗剤で水洗いもできるのだそうです。

和風にはもちろん、洋風にシックな感じで使うのもいいですよね。
やさしい感じの素敵な画家さんでした。

小さな幸せ  こちらの作家さんと作品に出会えたことも。^^
[PR]
by craftshop-i | 2006-03-13 21:04 | 作家作品